当店ではチャイルドシート選びから取り付け方まで、日頃から様々な疑問・質問にお応えしています。
その中からよくある質問をまとめてみました。

どんな車にもつくものなんでしょうか?

各機種により取付できるシートの条件がございます。
通常ではスポーツカーなどのバケットシート(シートの中央が凹んでいる)や、一部の商用車にある簡易的な奥行きの浅いシートでは取り付けられません。
また外車などに時々みられる特殊なシートベルト、また旧式の車などの短いシートベルトですと取り付け出来ない場合がございます。

通常は一般的な乗用車で3点式シートベルト(※)でしたらほとんどのチャイルドシートは装着可能ですが、ご購入時には必ずお試しいただくことをお勧めします。

※3点式シートベルト—斜めの肩ベルトと横の腰ベルトが両方あるシートベルトで、運転席はすべて3点式です。よくある3人乗りシートの真ん中の腰ベルトだけの2点式シートベルトは、取り付けられるチャイルドシートがごく一部となります。(新商品は通常2点式には対応していませんので、旧式のチャイルドシートしか付けられません。)

 


助手席に取り付けたいのですが・・・

新生児のチャイルドシートは必ず後部座席にお取り付け下さい。エアバック付きですと万一の時大変危険です。エアバックがなくても助手席は事故時の危険度が高まります。
一番適した取付け位置は後部座席の助手席側です。始めは後部座席で不便に感じられても、その内すぐに慣れてしまうものですよ。

 


ベッドのように背もたれが倒れる横向きと、シートごと斜めに倒して後向きで取り付けるタイプと、形状の違うチャイルドシートはどちらの方がいいのでしょうか?

装着するお車や、使用頻度、用途によりそれぞれのメリットがあります。

【背もたれが倒れるベットタイプ】
アップリカがベッドタイプを推進しています。新生児~首がすわるまでは、背もたれを倒し、進行方向に対して横向きに装着します。
赤ちゃんは仰向けで寝ているので、表情が良く見えるお世話がしやすいシートが比較的ゆったりしているなど長時間のドライブにも適しています。
ただこのように横向きベッド型ですと、約1.5人分の座席を取る為、軽自動車など小型車は不便に感じます。(特に買い物時など荷物が多い時や乗車人数の多い時)
あとはベッドタイプはどうしてもチャイルドシート自体が重いので、他の車に載せかえる必要がある場合はちょっと大変です。

【通常のタイプ】
アップリカ以外の新生児シートはこのタイプ。シートごとリクライニングをいっぱいに倒し、1歳頃までは進行方向に対して後ろ向きで装着します。
座席1人分のスペースしか使いませんので小型車でもOKです。
ただ運転者とお子様だけですと正反対の方向を向いているので顔の表情を見ることができません。(顔が見えるようミラーを利用した専用の便利グッズなどはありますが・・・)
泣いてしまうとちょっと不安・・・大人一人の運転で長時間乗せる事があまりないようなら普段使いとしてはこちらのほうがいいと思います。
お手ごろ価格が多いのもこちらのタイプです。(画像のレカロは少々高いのですが・・)
中には新生児用でもとても軽く、新品を通常のお店で買っても1万円程度で売ってるものもございます。(その分中古価格もお安くなっています)
お車を2台所有の方で載せ替える必要がある場合などにもこちらのタイプがおすすめです。

 


チャイルドシートに乗せると子供が泣いて嫌がるのですが・・・

嫌がるお子様は結構多いですね。新生児から乗り慣れている子でも1歳過ぎて活発な時期になると嫌がってくる場合もあります。
そこは酷と思われますが、心を鬼にして座らせて下さい。
一度許してしまうとどうしても乗せなければならない時に全く乗らなくなってしまいます。何よりシートに乗っていなければ、激しい衝突時に、体重の軽い子供はガラスを突き破って外に放り出される事もあります。
泣かれても大人が我慢して数回ねばると、小さなお子様でも必ず「自分の座るところはここなんだ」、と理解するものです。
それでもどうしてもチャイルドシートが駄目な場合、1歳位であればベストタイプのチャイルドシート、もしくは前押さえ(インパクトシールド)の付いたジュニアシートを試してはいかがでしょうか。

←トラベルベスト
ベスト型で背中にシートベルトを通すだけですので手軽ですし、締め付け感も軽減するかと思います。ただ座高が下がるので、視界も下がり、お外が見えにくくなってしまいますが・・・

←前押さえ(インパクトシールド)付ジュニアシート
チャイルドシートのようにお子様をベルトで装着するのではなく、大人のシートベルトを前押さえ前面の隙間に通して装着するので、こちらも締め付け感が軽減されるかもしれません。(いずれも1歳すぎのお子様でしたらご使用いただけます)

いずれにしてもお子様の安全を第一にお考えいただき、チャイルドシートは出産前からご用意ください。

 

 


ジュニアシートはいつから使うものなのですか?

チャイルドシートが18Kg(4歳頃)までですが、実際その体重まで使用できるお子様は少ないのではないかと思います。見るからにきつそうだったり、頭がチャイルドシートからはみだしそうになったらジュニアシートをご用意下さい。
ジュニアシートの適応年齢は商品によって違います。
背もたれの部分が成長に応じて取り外して使えるタイプは、早いものでは9Kg(1歳頃)~36Kg(11歳頃)まで使用できるチャイルドシート兼用のジュニアシートもございます。
背もたれの無い、座面だけのタイプは15Kg(3歳頃)~36kgまでお使いになれます。
ただ体重や年齢で当てはまっても、座高の高さや体重に対して身長が合わない場合もあるので、微妙な時は購入時にお子様と一緒に行って実際に車に乗って試してみて下さい。体重は適応内なのに座高が低く、シートベルトの位置が体にあっていない場合が時々ございます。
そんな時はコレ→商品画像1
様々な形状が販売されていますが、新品でも1000円以下で購入できます。
ベルトに通すだけで簡単にお子様に合った位置に調整できますので、座面だけのジュニアシートと併用することもできます。

 


今度2人目を出産予定です。すでに上の子が使っていた新生児対応のチャイルドシートがあるのですが、もう1台購入する場合、どんなシートがおすすめでしょうか?

 

きょうだいで2台めをご購入の場合、基本的に上のお子様に合うシートを購入し、下のお子様はすでにお持ちの新生児対応のシートをお使いいただいた方が無駄がございません。

上のお子様の年齢によりおすすめできるシートが異なります。
1歳~2歳位でしたらジュニアシートにもなるチャイルドシートが宜しいかと思います。

 アップリカマシュマロジュニアエアー
又は
コンビ ハーネスフィットロング LW ダークグレーコンビ ハーネスフィットロング(9kg~36kg)

尚、上のお子様が3歳以上でしたら、普通の背もたれ付のジュニアシートを新たに購入するというように、出来るだけ長くお使えいただけるシートをおすすめします。
また、ご実家用で預かってもらう場合などで2台目を購入される場合なども、長く使えるジュニアシート兼用のチャイルドシートをおすすめします。

 


種類がいろいろあって決められません。何を基準にして選択したらいいでしょうか?

種類が沢山あるので迷われる方がとても多いです。中古のチャイルドシートの場合、選ぶポイントが次のようにございます。

【1】形状
取り付けるお車が軽ですと小ぶりのチャイルドシート、又は持ち手の付いたキャリーシートの方が宜しいかと思います。
普通車以上であれば、横向きのベッドタイプ、もしくはターン(回転する)タイプを選択肢に入れてもいいでしょう。

【2】ご予算
当店のチャイルドシートでは新生児対応で5千円程で買えるものから、2万円近くするものもございます。(傷み具合の状態、機種により異なります)
(10kg位まで対応の持ち手の付いたキャリーシートでしたらもう少し安く2000円位からございます。)
但し、先々第2子のご予定があれば、中古でも新しくきれいなものがいいと思います。
「取り合えずこの子一人しか使わないと思うから・・」という場合、多少使用感はあってもお手頃な価格のもので十分ではないでしょうか。

【3】使用しない時、取り外す必要性の有無
お仕事でお車をお使いの場合など、普段はチャイルドシートを外しておく必要がある場合や、車を2台お持ちで載せ替える必要がある場合、

・取付けが簡単であること
・チャイルドシート本体が軽いこと
が優先されます。

取付けに関しては最近のものはどれも簡単に取り付けられるものが多いですが、中には慣れないと少々面倒なものもございます。
3台位比較すると取り付けやすいかどうかがわかってきますので、実際に取付けて試してみることをおすすめします。

重さに関してはベッド式や回転するタイプは重く、一番軽いタイプのシートの4~5倍くらい違います。
(軽いものは片手でも楽々持てますが、重いものは女性が両手で何とか頑張って持てるくらいの重さがあります)

【4】操作性
バックルの取り外しや、肩ハーネス(ベルト)位置の変更(成長に応じて肩の位置にあわせてハーネスを付けかえる必要があります)、お手入のしやすさ(洗濯の際、カバーの取り外しやすさ)など考慮する必要があります。
ただ、上記はよほど頻繁に車に乗せる(保育園のお迎えなど)場合でなければほとんど影響ございません。

【5】状態・見た目の好み
あとは色、デザインや、中古でしたら汚れ具合などの見た目です。これはもう色々なチャイルドシートをご覧いただいている内に好みがわかってくるかと思います。

最後にお車に取り付けてみて問題がないようでしたら、それが一番お客様にとってベストなチャイルドシートかと思われます。