七五三の三歳・五歳で必要となる着物のセットの一覧

前回、七歳の着物セット一覧を公開しましたので、続いて三歳(女の子)と五歳(男の子)の着物セットの一覧も作ってみました!(^^)!

 

さて、七五三で意見が分かれるものとして、下記の2点があるのではないでしょうか?


その1. 男の子は三歳と五歳にお祝いする  男の子は五歳だけお祝いする

これは七五三の本来の意味からすると三歳と五歳にお祝いするようです。
ただ今はほとんどが5歳の時のみお祝いをするというのが多くなっています。ただ地域によっては三歳と五歳の2回お祝いすることもあるそうです。


その2.三歳の女の子は帯を締めずに被布を羽織る 三歳の女の子も帯を締める

これはほとんどの方が帯を締めずに被布を羽織るのが一般的と思っている方が多いようですが、こちらも地域によっては帯を締めるのが慣わしとなっていることもあるようです。


 

上記の違いについてはどちらが正しいということはありません。周りやお互いのご両親に聞いてみたり、各ご家庭の都合に合わせて、パパママが決めていいのですよ(^_-)-☆

 

※掲載の画像は店頭買取した中古の商品を掲載しています。

 

 

 

三歳の七五三で必要な着物・小物の一覧

着物

高級なのは絹100%の正絹(しょうけん)。安価なのは化繊のポリエステル。正絹は肌ざわりがいいが、メンテナンスに手間がかかる。ポリエステルは絹に比べ硬くごわついた感じだが、自宅で洗濯可能。
3歳では表のみ正絹、裏地はポリエステルという被布コートの着物セットで2万円~10万円位。
対して、通販では化繊のポリエステルだと6千円~1万円位の安価商品も多数ある。
尚、三歳ではお宮参りの時の一つ身の着物を仕立て直して着ることも出来る。

被布コート(ひふコート)

着物の上に羽織る。被布コートを着る場合は帯は不要。お腹周りが隠れるので着付けが不慣れな人でもごまかせる(*^^)v
着物とセットの販売が多いが、単品でも種類が豊富にある。

 

長襦袢(ながじゅばん)

この長襦袢を着る前に、通常は肌着となる肌襦袢(はだじゅばん)を着せますが、これは普段の肌着(襟元の開いたノースリーブか半袖など)でOK。

長襦袢は衿や袖からチラリと少しだけ見えるように着るもの。そのため色や柄も着物に合わせたものになる。

半衿(はんえり)

長襦袢に縫い付ける替え衿で、着物の襟の汚れを防ぐもの。長襦袢に縫い付けるか両面テープで留めてもいい。
※画像は半衿を付けた状態

 

 

 

草履・バッグ・髪飾り

三歳用のセットでは通常こちらの小物も含まれています。草履は歩きやすいようにかかとにゴムが付いているものもあり、お参りに行くのであれば歩きやすさ重視の方がいいかもしれません。

バッグは三歳なら必ず必要でもないので持たなくてもOK。
髪飾りは別売りも種類豊富に出回っています。

 

 

 

 

 

 

五歳の七五三で必要な着物・小物の一覧

着物

高級なのは絹100%の正絹(しょうけん)。安価なのは化繊のポリエステル。正絹は肌ざわりがいいが、メンテナンスに手間がかかる。ポリエステルは絹に比べ硬くごわついた感じだが、自宅で洗濯可能。
通販でも五歳の着物にはプラス数千円程度の別料金で家紋入りにすることも可能。
尚、五歳の着物ではお宮参りの時の一つ身の着物を仕立て直して着ることが出来ることがあるが、通常は体格によ難しい場合が多い。

羽織(はおり)

地域や人によって、意見が分かれるのが羽織。この羽織を着なければ正装にならない、というのに対して、お宮参りの一つ身着物を仕立て直して着る場合などは、柄も入っているので着物と袴姿だけで羽織無しで七五三をする地域もあり、全くおかしくない、どちらでもいい、という様々な意見があるようです。

袴(はかま)

長襦袢(ながじゅばん)

この長襦袢を着る前に、通常は肌着となる肌襦袢(はだじゅばん)を着せますが、これは普段の肌着(襟元の開いたノースリーブか半袖など)でOK。
長襦袢は衿や袖からチラリと少しだけ見えるように着るもの。そのため色や柄も着物に合わせたものになる。

半衿(はんえり)

長襦袢に縫い付ける替え衿で、着物の襟の汚れを防ぐもの。
長襦袢に縫い付ける。
※画像は半衿を付けた状態

 

角帯(かくおび)

 

 

 

 

 

懐剣(かいけん)・ 末広扇子(すえひろせんす)・お守り

いずれも装飾用。帯の間に差し込む

羽織紐(はおりひも)

紐は解かずに、そのまま羽織に付いている輪の中に金具を引っかける。

雪駄(せった)

草履の一種。男の子は草履ではなく、ほとんどが白か黒の雪駄を履く。

 

 

by yosshi

 

※このページの内容は着物に関して素人が作成したものです。名称、用途等の誤りがございましたらご一報いただけましたら幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です