ベビーカー選びの最初の一歩!どんなタイプがあるの?特徴・機能比較一覧表

 

赤ちゃん用品を揃える時、楽しみだけれど悩むベビーカー選び。

年々新しいデザイン・機能が追加され、現在日本で購入できるベビーカーは100種類以上あり、価格もピンキリです。

ネットで情報収集できるとはいえ、いくら何でも多すぎます(;^_^A

ベビーカーに限りませんが、あまり詳しくないものを買うとき、

「そもそもどういうタイプがあって、どう違うんだ!?」

という壁があるんですよね(◎_◎;)

一つ一つのタイプを検索して調べていると、余計な情報が目について日が暮れてしまいます(;´Д`)

ということで、

今出回っているベビーカーのタイプごとの特徴・機能を一覧表

にしてみました!

まずこのタイプの違いを把握してから必要なタイプを絞ってからベビーカーを選びましょう♪

 


 

ということで、まずは今回分類した7つのタイプは下記の通り↓

ベビーカーの特徴と商品の例

A型ベビーカー

※A型とB型の中間となるAB型ベビーカーもありますが、近年明確な違いはなくなってきているため、1か月~使用可能で通常の形ものはまとめてA型としました。

[該当商品]
コンビ スゴカル、メチャカルシリーズ/アップリカ オプティア、ソラリア、ラクーナ、カルーン/ピジョン ランフィ/グレコ シティースター/リッチェル カルガルーファースト など

 


B型ベビーカー

※7か月~(おすわりが出来るようになってから)使用のもので、A型より軽いもの。

[該当商品]
コンビ F2/アップリカ マジカルエアー/リッチェル カルガルー など


トラベルシステム

※車につけるチャイルドシート(ベビーシート)をそのままベビーカーに乗せられるタイプ。
赤ちゃんが寝てしまってもシートごと車からベビーカーに移動できる。ベビーカーによっては乗せるのに専用のアダプターが必要な商品もある。

[該当商品]
コンビ F2/アップリカ スムーヴ/ジョイー/日本育児 ベビートレンド/エアバギー×マキシコシ など


簡易バギータイプ

※機能を最小限とし、最も作りが簡易的なもの。ハンドルがCの字で、ハンドルから前輪まで直線のフレーム形状のもの。基本リクライニングはないもの。

[該当商品]
西松屋、ベビーザらス オリジナルバギー/コスコ アンブレラストローラー など


バギータイプ

※商品によって定義があいまいなところがある。ここではハンドルがCの字で、ハンドルから前輪まで直線のフレーム形状のもの。尚且つ簡易バギーよりもよりしっかりした多機能なものを指しています。

[該当商品]
ジープ/コルクラフト など


3輪バギー

※見ての通りタイヤが3輪のタイプ。タイヤの素材が通常のベビーカーのようなものから、自転車のように空気入れで入れるタイプもある。空気で入れるタイプの方がより衝撃を吸収し安定性はあるが、若干メンテナンスが必要。

[該当商品]
コンビ スルーラー、/アップリカ スムーヴ/グレコ シティトレック/エアバギー/ジョイー/クイニー など


超コンパクトタイプ

※特殊な折りたたみ方で、たたんだ時に最も小さくなるタイプ。自転車のカゴに乗せたり、飛行機などの旅行に役立つ。

[該当商品]
サイベックス ポキット、イージー/Newox など


 

と、このようにベビーカーはだいたい7タイプに分けられます。

ちなみに2010年代前半まで流行っていた「マクラーレン」というベビーカーがあります。
一時期、このマクラーレンのようにフレームのしっかりしたバギータイプのベビーカーが様々なメーカーから出ていました。しかし結局重さと操作性で他のタイプのベビーカーに押され、今ではほとんど見かけなくなりました。

形状・機能としては上記のバギータイプに近くなっていますが、ここでは除外しています。

 

また最近はどのタイプにも属さない独特な形状をしたベビーカー(ストッケ、マイクラライトなど)も出てきて、ユーザーのニーズに幅広く応えたものが年々増えています。

そして、上記のタイプごとのベビーカーを比較した一覧がこちら↓

ベビーカータイプごとの比較一覧

傾向として、一人目ではじめてベビーカーを購入される方は見た目のデザイン重視、2台目以降の方は軽い、小さいものを購入されます。

多くの方はファーストベビーカーとして、安定性があり、シートもクッション性があるような、グレードの高いベビーカーを好まれます。

そしてこれも多くの方がそうなるのですが、使っているうちにだんだん重くて大きく感じるようになってきちゃうんですね。

ふと周りを見ると軽量な利便性の高いベビーカーがあることに気が付いて、買い替えたくなってしまうようです(^-^;

タイプの異なるベビーカーをその時々で使い分けるというのが、一番いいのですが、予算も保管スペースもなかなか難しいのが現実・・・(・_・;)

ということもあり、もし予算的に厳しい場合は、比較的安価なB型や簡易バギーが乗れる7か月(おすわりが出来るようになる)までは抱っこ紐で乗り切る!という選択肢もあります。

 

実際に赤ちゃんとの生活が始まってからでないと、どんなタイプのベビーカーが必要なのかはわからないと思います。

なのでベビーカーは出産前から早くから買ってしまうと割と後悔しやすいかもしれません(;^_^A

実際に赤ちゃんを連れて色々なベビーカーに触れてみると、必要な機能の優先順位がついてくると思います。

もし迷ってどれがいいかわからない状態でしたら、それはまだあまりベビーカーを必要としていないのかも・・・?

・保育園の送り迎え

・近所の買い物

・休日の外出先で

など一番使いそうな状況を想像してみましょう。

そしてその状況に最も必要な機能を最優先にすると選びやすいと思います!

納得のいくお気に入りのベビーカー選びにお役立ていただければ幸いです(o^―^o)

 

by yosshi